恋愛相談 カウンセリング



おすすめメールマガジン
「こころの栄養@さぱりメント」
手軽にできるストレス解消法など、読むだけであなたのこころが元気になるメルマガです。

メールアドレス:

名前(ハンドルネームOK):





カウンセラーの探し方

カウンセラーを探す

メールマガジン

カウンセラーインタビュー集

カウンセラー登録

訪問販売法による表記

リンク集・相互リンク

お問い合わせ

■カウンセラーを探す
あなたの悩みを解消するカウンセラーを紹介します。

カウンセラー検索




さぱりメントへのリンク、バナーの使用はご自由にどうぞ




あなたのそばにいる「こころ達人の横顔」 インタビュー集


カウンセラーやセラピスト、セミナー講師など「こころの現場の最前線」で活躍されている方の横顔を紹介します。

 ・カウンセラーってどんな人なの?
 ・カウンセリングって、どうやって受けるの?
 ・私も将来カウンセラーになりたいのですが・・・
 ・・・などなど


「こころ達人の横顔」をインタビューしてきました。
あなたにとって、カウンセリングやセラピー、ヒーリングがもっと身近になれば幸いです。

- 剣持 甲子朗 先生  赤ひげ塾 -

   「患者さんの身体から教えてもらう」

2007年 06月 30日





今回のインタビューは、整体のバランス活性療法・赤ひげ塾代表の剣持 甲子朗(けんもち こうしろう)先生です。

剣持先生は、バランス活性療法や患者さんの潜在意識に聞くバランスチェックという手法を創案し、整体業界としては大きな組織を運営していらっしゃいます。
施術者として、大きな組織の運営者として、またビジネスマンとしての視点は今までになかった気づきを与えてくれるのではないでしょうか。

メンタルビジネスの範疇が拡大しつつある今、心と体をつなぐ整体という分野について伺ってみました。


理論も実践も含めて、バランス活性療法を作っていった
インタビュー写真


「バランス活性療法とは簡単に言うとどんなものですか?」

簡単に他の施術と比べると、指圧やマッサージは痛いところの筋肉に、カイロプラクティックはズレている骨に、施術します。整体は主に原因となっている筋肉の異常に施術します。

バランス活性療法は整体ですが、ボキボキするのではなく、揺らしたり捻転をかける手技中心の痛くない整体です。着衣のままでできて、やってもらう側もする側も疲れないやり方です。

バランスチェックという一種の筋肉反射テストを利用して患者さんの潜在意識と対話しながら、その方に一番適した施術をしていきます。自然治癒力を高める仙骨や仙椎を中心とした基本療法とバランスチェックの2つが特徴ですね。


「駅前にも整体やマッサージなど、たくさんのお店が増えましたね」


最近は癒しブームとも言われていますが、以前と違う反応を感じます。
「本を読みました」「ホームページ見ました」という問い合わせが多いですね。それまでは研修生の紹介での問い合わせが多かったのですが。

その人がどこを目指しているのか目的があると思いますが、赤ひげ塾の場合は全部のニーズに対応していると思います。

「子供の部活での筋肉痛を取りたい」「定年後に仕事としてやっていきたい」「ボランティア的にやりたい」「田舎に帰ってのんびりしたいけど畑だけでなく何かやりたい」。
そういったニーズに合う講座もあります。
整体の開業は、国家資格がありませんから、とっつきやすいと感じられるのかもしれませんね。


「現在のバランス活性療法に行き着く経過というのはどんな状況だったのでしょうか?」


健康食品にも興味がありましたが、結局は「冷え」が問題だということに気がつきました。
鍼灸学校に行っている時に、僕は病気で、お腹を切る大きな手術して、病気療養で田舎に帰ったのです。その前に温灸療法を習っていました。そこで冷えは怖いと覚えたんです。

今はウチで独自の入浴剤を作っていますが、本当にいろんな事をやりましたよ。
鍼灸の仕事もやりながら、いろいろなものに出会って、理論も実践も含めて、バランス活性療法を作っていった感じです。


「最初に施術したお客様を覚えていらっしゃいますか?」


病気療養で田舎に帰っている時に、僕の親父の知り合いに自律神経失調症だったと思うのですが、全然働けない状態の人がいました。

見かけはまったく悪くないんです。親父がその人に僕がこういうことやっていると言ったら、施術してほしいと言われて、引き受けたのですe。

一度温灸をやってあげて、「明日もいらっしゃいます?」と聞いたら、明日は名古屋のカイロプラクティックの先生のところに行くと言うんです。どこに行ってもダメだけど、「なんだかスッキリした気になる」ので、泊りがけで1週間行くとのこと。

ところが、施術を受けた後はパチンコに行っているとのこと。今だから分かるのですが、パチンコ屋で冷えているわけですよ。

そしたら次の日、「おはようございます」って来たのです。「あれ、名古屋に行かないの?」って聞いたら「実は切符を払い戻してやめた」「何年かぶりにすっきり目覚めた」って言うんですよ。「夕べぐっすり寝た。こんなに気持ちいい朝は初めてだ。また施術してくれ」とね。

それで2〜3週間施術して、治っちゃったんですね。「冷え」が原因だから半身浴とか、この入浴剤入れてお風呂に入ってみなさいと言っておきました。それでちゃんと仕事に就けたんです。

その人の人生が変わったわけです。やっぱり嬉しいですよね。最初の患者さんといったら、あの人でしょうね。


「患者さんの身体、潜在意識と対話すると伺いましたが、そういう手法に至ったのはどういう経緯なのですか?」


知人が「マッサージに行ったら効いて痛い」と言っていたのですが、それは違うんですね。筋肉が壊れているんです。上手いマッサージ師はモミ返しを出しません。肩甲骨の上のツボを押せば誰でも痛いんです。「効く〜」っていうのとは違います。

施術も適正な刺激でないと、過剰になってかえって問題が起こることもあります。
そういったことをおこさずに、間違いなく施術するためには、自分で探すのではなくて、患者さんから教えてもらえば一番いいのではないかと思ったわけです。



インタビュー写真




患者さんの身体から教えてもらう


「具体的にはどのようなことを潜在意識と対話するのですか?」


例えば病院に行ったら、「薬をどれにしますか?」と普通は聞きませんよね。鍼灸も「どのツボを打ちましょうか?」とは聞きません。施術の方法、次の施術の時期などは、全て施術する側が決めています。

何を基準に決めたかというと、「こういうのは3日に1回くらい施術すればいいかな」という今までの経験則です。

ウチはバランスチェックでそれをやるのです。患者さんの筋肉反射を使って患者さんの情報を患者さんの潜在意識からもらって、その通りに施術するわけです。

だから前回と今回の施術が変わっても当たり前なのです。その都度、聞いてから施術を決めるのですから。

この次はいつ施術したらいいのかも聞きます。施術がうまくいかない時も、どんな方法があるか聞くのです。


「遠隔での施術もできるそうですが、そのきっかけはどういう状況だったのですか?」


通常、うつぶせになってもらって、足の筋肉反射で情報をもらっています。
ある時、施術に行った男性患者さんの片足がないんです。病気で切断していたのですね。両方の足の長さの違いが分からないから、診断がつかず大変困りました。

側にいた奥さんの足がふっと目に付いたので、奥さんにうつぶせになってもらって、「旦那さんのことを思い浮かべてください」と言って診断したところ、きちんと反応が出たのです。

「誰か肉親なり、その人を分かる人で診断することができる。遠隔もできる。」と、その時に思いました。


「本を何冊か出版されていますが、その反響はいかがでしたか?」


全然情報が無い人でも、「本屋でたまたまフッと目についたから取って読んでみたら面白かった」、と言って来た人も多いです。

あと、本に書いてあることが本当か確認に来るんですね。「普通は書いてあることと実際は違う」と言って来るのですが、ウチは書いてあるままでしたから。

会を大きくしたいから出版をしたわけではありませんでしたし、本を書く時に嘘は書きたくないと思っていました。

でも、会を立ち上げて4年か5年の頃で、会員も約200人くらいだったのが、出版から1年で300人から350人くらい会員が増えました。


「広告についてはどのように考えていらっしゃいますか?」


講座などの広告を出すことはありますが、施術者については、「治すことが広告になる」と思っています。地方によっては、広告を出すところは患者さんが来ないからだと周囲の人が認識していることもあります。

開業している人で、小さなお子さんを抱えてやっている方がいます。ご主人が大工さんで、腰痛持ちでコルセットをしていたのですが、毎日の奥さんの施術で治ってしまいました。

現場でギックリ腰を起こした人が担がれてきて、治してあげて、その人が現場に戻ったら、
それを見た他の職人さんたちが「俺も、俺も」とやってきて、一切の宣伝なしで、今すごい患者さんの数ですよ。

そして臨床例が増えて、さらに勉強につながるわけですね。


「料金設定の際にどんなことを基準として考えましたか?」


赤ひげ塾がつぶれない程度で、「サラリーマンが出せる金額」を考えました。
商売で曲がりなりにもやっている人は、「お客さんにウソはつけない」とか、「いい商品を安く売っても、あまり安くしたら店がつぶれる」とか普通考えますよね。それと同じです。


「養成講座はどのような内容を教えていらっしゃるのですか?」


まったくの素人が12回の研修で開業できるようにする、というのがコンセプトなのです。実際にパート勤めから開業した人など、たくさんの方が開業しています。

教える内容は、仙骨、仙椎を修正することを中心とした基本療法9種類とバランスチェックの方法、今まで使った技術、それだけです。

基本療法を徹底して教えます。ベースの土台作りですね。そこから後は、その人がいろんなところでさらに勉強して、自分の好きなスタイルで組み立てればいいと思っています。


「整体は健康保険が利かないということは何か影響がありますか?」


保険制度にはいろいろと問題もあることはあります。保険の利く資格を取りたいという人の中には、保険が利けばお客さんが来るからと言う人がいます。そこに甘えが出るのではないかと思っています。

整体も鍼灸も保険が利きませんが、最近は自由診療そのものがだいぶ認められてきました。
自由診療ですから、例えばの話、女性は半額とか、体重の重い人は割り増しとか、戦略として自分で料金を設定することができます。

僕自身は、在宅介護をしている方は半額にしています。
僕も両親の在宅介護を長いことしてきましたから、その大変さは痛感しています。
介護する側が体調を崩してしまいがちで、僕の患者さんの中でもそういう人がいます。

通常3500円でやっている施術が半額の1750円なら、1週間に1度施術を受けても、だいぶリーズナブルですよね。
これも自由診療だからこそできることと言えると思います。


「バランス活性療法や剣持先生の基本的な理念というものはどんなものですか?」


バランス活性療法は、「施術者が疲れない・痛くない・短時間・着衣のままの施術」というのがセールスポイントでしょう。機器や器具も使いません。

赤ひげ塾については、「研修生はお客様」「自分の受けたい研修を」「仲間を作り、安心して開業を」ということでしょうか。
根本は「自分がやってほしいことをやってあげる」ことです。

「親切・丁寧・調子良く」とも言っています。
吉野家の「うまい・早い・安い」というキャッチコピーを治療に求めると、今やっているようなことになるわけです。下手な治療を、高いお金を取られて延々とやられたら患者さんが困りますからね。


「この仕事をしていて良かったと思う時はどんな時ですか?」


僕は治療師ですから、やっぱり治せる醍醐味というのはあります。
皆が「お蔭様で良くなりました」と言ってくれて、「元気になって、良かったですね」と言えるのは、気持ちがいいですよね。

自分の子供にも、この仕事は面白いし、やりがいがあるから、何か資格を取るなら鍼灸師の勉強をしろと言っていました。

子供たちは、剣道や柔道をやっていましたが、試合会場にいても痛みをその場で改善できるのです。「痛みが取れた!」「おお、すげえ!」と言われて、「これが治療だよ」なんて言っていると、自然とやる気になるのか、長男・次男・三男も同じ方向に行っていますね。



次回号「赤ちゃんを見つめて、話しかけ、キスをして、撫でてあげてほしいです」→

←前回号「ファッションは必ず心に影響を与えるものです」


インタビューTOP(目次)

-ご案内- 剣持 甲子朗 先生  赤ひげ塾


剣持 甲子朗  赤ひげ塾 (新潟県村上市、東京都豊島区)

バランス活性療法を学ぶための専門塾です。
バランス活性療法とは、赤ひげ塾塾長 剣持甲子朗が創案した療法です。

大きな分類でわけると“整体”ですが、独自の診断法(バランスチェック)を駆使して、患者さんそれぞれの施術法を組み立てます。他の療法とは“対極”に位置する手法で、正確な判断(診断)が可能です。

山本周五郎原作、黒沢明監督・三船敏郎主演の映画「赤ひげ」に出てくる医者で、貧乏人も差別せずに献身的に治療をした通称「赤ひげ」という人物にあやかり、患者さんの側に立った治療をしていきたい…という意味で「赤ひげ塾」と名付けました。


ホームページ 赤ひげ塾総本部・東京本部
http://www17.ocn.ne.jp/~a-tokyo/


赤ひげ塾総本部・東京本部 独立開業支援
http://www17.ocn.ne.jp/~a-tokyo/kensyu.html



<剣持先生の著書>

cover
バランス活性療法で成功する本


cover
家庭でできるバランス活性健康法


cover
わずか6ヶ月!治せる整体師になれる








インタビュアー:奥原菜月

奥原菜月    フリーライター、占い&カウンセラー(奥原朱麗)として活動中。
夫と子供2人、犬1匹で横浜に生息中。

占い・カウンセリング・開運などをメインにしたブログ
『占いカウンセラー朱麗のまったり開運日記』

HP:アストロ・ハーティ「朱麗の占いカウンセリングルーム」
  
インタビュアー:土志田直美

 
土志田直美 バランス活性療法師、健康管理一般指導員、
アロマセラピスト。
PFIジャパンカインドネスリンク母の会横浜緑区支部長。
身体と心を健康にするために地域密着で活動。

まゆな自然療法院 :http://www.tsuiteru.com/sh/mayuna
  


運営管理





毎朝1分★天才のヒント



天才のヒント

Copyright (C) 2004 Japan Net Counseling Federation. All Rights Reserved.