恋愛相談 カウンセリング



おすすめメールマガジン
「こころの栄養@さぱりメント」
手軽にできるストレス解消法など、読むだけであなたのこころが元気になるメルマガです。

メールアドレス:

名前(ハンドルネームOK):





カウンセラーの探し方

カウンセラーを探す

メールマガジン

カウンセラーインタビュー集

カウンセラー登録

訪問販売法による表記

リンク集・相互リンク

お問い合わせ

■カウンセラーを探す
あなたの悩みを解消するカウンセラーを紹介します。

カウンセラー検索




さぱりメントへのリンク、バナーの使用はご自由にどうぞ




あなたのそばにいる「こころ達人の横顔」 インタビュー集


カウンセラーやセラピスト、セミナー講師など「こころの現場の最前線」で活躍されている方の横顔を紹介します。

 ・カウンセラーってどんな人なの?
 ・カウンセリングって、どうやって受けるの?
 ・私も将来カウンセラーになりたいのですが・・・
 ・・・などなど


「こころ達人の横顔」をインタビューしてきました。
あなたにとって、カウンセリングやセラピー、ヒーリングがもっと身近になれば幸いです。

- 山口 佐貴子 先生 尽力舎 フォトリーディング -

   「フォトリーディングで、その人の心に灯火を点けたい」

2009年 05月 23日





今回のインタビューは、フォトリーディング・インストラクターで、
株式会社尽力舎代表取締役の 山口 佐貴子(やまぐち さきこ)先生です。

大人気の「フォトリーディング集中講座」は、受講生が2300人を超え、
人を明るく優しく包み込む母の笑顔と、その「解りやすくて楽しめる」セミナーには定評があります。

「フォトリーディング(R)で、あなたの才能を開花させて欲しい」とおっしゃる
先生から、 お仕事に対する熱い想いと、今後の展望についてお話を伺いました。


フォトリーディングはアイデンティティ再生のためにある
インタビュー写真

「心のお仕事に向かわれた経緯は?」

私にとって、フォトリーディングは情報処理術としてスタートしていったのですが、気が付いたら心の仕事だったという後付けのような感じです。

経緯で言うと、まず主人と二人で会社をやっていて、その後付き合い始めて結婚して妊娠し、そして一度退職するのですが、当時二つあった会社のうち、尽力舎を主人から譲り受けました。

それで、細々と家庭で出来る仕事と子育てをしながら、色々な化粧品や自然食品などの通販や卸をしていったのです。

30歳の頃だったと思うのですが、中国から輸入していたある食品が物凄く売れたのですね。あっという間に代理店も300社ほど出来て、「これに人生かけてもいい」と思うくらいでした。ところが、その輸入食品がトラブルで輸入出来なくなってしまったのです。


「その後、フォトリーディング(R)と出会われるのですね?」

神田昌典さんがフォトリーディングに出会う前から、私たちは交流があり、コンサルティングをして頂いていました。

事業を展開していく上で、情報を仕入れて処理していくスピードを上げないと追いつかないと思っていた矢先に、フォトリーディングを知ったのです。それで受けてみたら、その内容がとても素晴らしかったのです。

私が読むのに10時間もかかった『人生の意味』という分厚い本が、フォトリーディングの講座で教材として扱われたのですが、それがほぼ40分で読めたのです。


「40分でも内容が頭に残っているのでしょうか?」

内容はフォトリーディングで読んだ方が圧倒的に残っていますね。

フォトリーディングの醍醐味の「フォトフォーカス」というやり方で情報を脳に送り込むと聞いた時に「来たぞ」と思いました。これならもっと能力が出せるというのが分かったのです。

「ここからが本番だな」と思いましたね。それで、1ユーザーとしてただひたすらフォトリーディングをやっていました。


「本はお好きだったのですか?」

本は元々嫌いで、学生時代も課題図書1冊が辛いような人間でした。それが毎日1冊読めるようになって感動しちゃいましたね。

フォトリーディングが素晴らしいのは、元から読める人も速くなりますけれど、ぜんぜん本が読めなかった人も、元から速く読める人と同等、もしくはそれ以上に読めますから、その反動は凄いです。

ひたすらフォトリーディングを楽しんでいるうちに「これは単なる読書じゃない」とだんだん分かってきました。これは人の心理や成長に多大なに影響を与えていく方法だと気づいたのです。


「フォトリーディングの良さを端的に言えばどういったことでしょう?」

本当の自分の可能性に出会うことができる「素晴らしいツール」だと思います。
本当の自分の可能性を見極めるのは、フォトリーディングを受けてからにして欲しいですね。


「フォトリーディングのパワーは何でしょうか?」

全脳を使うということです。フォトリーディングの正式名称は「フォトリーディング・ホールマインド・システム」で、全脳という言葉が入っています。読むときは「意識」を使い、フォトフォーカスで本をフォトリーディングするときは「潜在意識」にある影響を与えているので、両方の脳を使うことになります。

何が起こっているかといえば、全脳を使うということは、今まで自分が学校で使い方を習ってこなかった「意識」以外の脳の部分を、スキル的に使えるようになることなんですよね。

この部分を使い始めるとどういったことが起きるかというと、私は人間としてバランスが良くなると思います。「意識以外の部分」を無視して「意識」だけで突き進んでしまうと、大切な忘れ物をたくさんしてしまうと思うのです。

例えば大事な人を愛する気持ちだったり、夕日を眺める時間だったり、食べ物を美味しいと感じる心の余裕や楽しみなどを全部置いて、ビジネスだけに突き進んでしまうと、ある時ふと振り返った時、ビジネス以外に何も残っていないと思ったりする訳ですよね。家族はどこへ行ったとか・・・。

でもちゃんと自分の意識と潜在意識の両方で会話が出来る人間になっていくと、今でいうワーク&ライフバランスの取れた、偽りのない自分・・・そういった生き方が出来ると思うのです。


インタビュー写真




フォトリーディングで、その人の心に灯火を点けたい


「どういう人がフォトリーディングを受講されるのでしょう?」

本を速く読みたいと思って来ている方たちというのは「時間がない。もっと能力を上げないと間に合わない」と色々な意味で思っているわけです。それから「今の自分じゃなくて、変わりたい。変わらなきゃ」と思っている方たちが多いようです。

私がフォトリーディングを教えていく中で気付いたことは、みんなの願いと思いは深く切実で、それを分かった上で伝えていかないといけないということです。勉強が出来ないと思っている人は、社会に出ても、どこかず〜っと劣等感を持っている、そういう人が多いのですね。

それで私は「フォトリーディングは学校の勉強が出来なかった人もOK!」と言っています。逆に「フォトリーディングのやり方を聞いて抵抗感を感じる人はエリートだと思ってください」とちょっとギャグっぽく言っています。

自分の脳の賢い使い方を知らなくて誰も教えてくれないから「私は能力が無いのじゃないか?」と思って自分にレッテルを張っていた人がフォトリーディングに出会うと「能力が無いんじゃなくて、脳の賢い使い方が分っていなかっただけなんだ」と分かってセルフイメージのバランスが取れてくるのです。


「本以外のことにも使える訳ですか?」

人間関係で、例えば初めて会った人にフォトリーディングのスキルを応用すれば、前から何回もあった人のように親しくなれる方法な訳です。

「この人に目的を持って出会う。この人に質問を投げてみる」。どういった質問を投げていくかによって、返ってくる言葉も違ってくれば親しさも違ってきますよね。

だからフォトリーディングというスキルを色々な人間関係に使って、どんどん満たされていくと周りが満ちてくるのです。この影響力は凄いと思っていて、私は講座中、なるべく一人一人の人と喋りながら、その人の何か光っているところを見つけてシュッと灯火を灯すのです。


「この仕事をしていて1番良かった思うことは何でしょうか?」

最近、嬉しくて号泣してしまうことが多いのです。
一番最近のことでは、受講生の方が本を出されて、アマゾンで1位を取ったことですね。

その方は、フォトリーディングを受けられた後に、とても自分に自信が無かった状態から自信が持てる状態に変わられて、物凄い短期間で本を読んでどんどん知識を身に付けました。

そしてカウンセラーとしてデビューされて、先頃2冊目の本を出され、それが1位を取ったのです。
その時は凄く嬉しかったですね。

その人が本当に再生していく道のりで、多くの人を幸せにしながら光り輝いていくのを見るのが1番の喜びですね。


「先生の講座の特徴は何でしょう?」

たぶん2本柱だと思います。フォトリーディングのスキルを教えることは講師全員の共通項です。
もう一つは講師のオリジナリティがありますから、それがどのように違うかということなのですが、私は「フォトリーディングはその人の、アイデンティティの再生のためにある」と思っています。

自分の人生を尊厳を持って生き直す為のきっかけの一歩だと思っているので、どんなに現状に行き詰まっている人たちでも、未来の自分に期待を持ってニコニコと卒業していって欲しいのです。

だから私はどんな人も一人も零れ落ちることなく、無事に向こう岸まで溺れることなく運んであげなければいけない訳です。2300人の方たちと関わってきたデータが全部頭の中に詰まっていますので、その方へ最善の納得をお渡しできるのですね。

それに細心の注意を払っているのもあって、みんなが喜んでくださるし、何処かで気付きを持って帰ってくださるし、癒されて帰ってくれているようで、それが凄く嬉しいことだと思うんですね。

受講生の方が講座のことを「守られて安全で、安心で、自分のままでOKという感じだった」「思い出すと活力がよみがえる」と後から言ってくださるんです。とか「あの空気の中でもう一度学びたい」と再受講にも来られます。


「山口先生ならではの安心感、安全な雰囲気はどこから来るのでしょうか?」

私がフォトリーディングに絶大なる信頼を寄せているからでしょうか。

フォトリーディングをやっている時、私は凄く安心なんですね。「フォトリーディング中は問題は起こらない」と決めているのです。

フォトリーディングの講座中は他のことを一切思う余裕はありません。フォトリーディングしか出来ませんから、本当に穏やかで安心で安全なんです。目の前のフォトリーディングに没頭します。

そして私が講座を喜びながらやっていますので、そのお陰で受講生のやる気とエネルギーが私のエネルギーとぐるぐると回るんだと思うのです。


「特に先生の講座に来て頂きたい方はどんな方ですか?」

「自分って一皮向けたらもっと凄くなるんだけどな」と思っている方や「自分の更なる才能に出会いたい」という方です。そういった方は全員来て欲しいですね。

フォトリーディングを受けて「ようやくもう少し生きてもいいかなと思えました」という大学生がいたり・・・。そういった経験を踏まえて、みんな悩んでいるんだなと感じています。


「読むことが好きでない人にはどうなのでしょうか?」

フォトリーリーディングは、いかにして「読まずして読むか」と言う人がいるくらいですから、文字を普通に追うように読むのではなく、著者が言いたかったこと、本の深層の部分を読むんですね。だから字として読むというより、基本的にはフォトフォーカスをして「ぺラッ、ぺラッ、ぺラッ」と、めくればいいのです。

これで脳に情報のインパクトを与えて、本に対する馴染み感じをアップさせておいて、あとはポイントしか読まなくていいのです。「いかに情報を入れながら、ポイントだけ読むか」です。

この著者が言いたかったことや自分が一番欲しい情報を抜き取るためにやるので、本に主導権を握られることなく、読み方を選べるということなのです。

今までは読み方を選べなかった訳です。選べなかった人生から選べる人生に変わると全く違いますよね。読みたくなければフォトリーディングだけでも良い訳です。


「昔ながらの読み方と全然違いますね」

「観る」観光の観ですよ。見るは、「文字を見る」だけどフォトリーディングは「観る」なのです。
「観る」は、ぼ〜っと、素敵な空間を感じる訳じゃないですか? こっちの能力にアクセスするのがフォトリーディングだから文字はいちいち読まなくてもいい。

でも税理士で、税法に答えなきゃいけないんだったら読んで覚えなきゃいけない。そういうことが仕事で必要な人たちは、記憶法を講座で教えますが、それ以外にも重要なことが数多くあります。

心の成長を促すために人間は生まれてきているのであれば、読書は文字を覚えるためじゃないんです。心の成長であったとすれば、最終的には読書を人間的成長の材料にして欲しいと思っています。


「一語一句逃さずという読み方をしても、思ったほど残っていなかったり…」

一生懸命読んでも思ったほど残っていないし、自分の力にもなっていない。

文字は、意識じゃないと読めないじゃないですか。「日本だけにはとどまらず・・・」なんて、意識を使わないと読めないですから。意識って電話番号7桁プラスマイナス2桁くらいしか覚えられないくらいで、意識は短期記憶で、潜在意識が長期記憶なんです。

だからヒプノセラピーが効く訳ですよね。潜在意識に眠っているものを引っ張り出してくる訳ですから。

読んでも覚えられないから頭が悪いというのは、全然違います。学校の読書のやり方の範囲の中だけで、自分の才能を計っちゃいけないということです。


「今後の展望を教えてください」

フォトリーディングのキッズ向け講座も今、始めています。フォトリーディングを使うことによって心の成長も図れるのは、大人を見てももちろん分かるので、若いうちに心の成長と知性の成長のバランスの取れた才能の花開く人が生まれたらいいなと思っています。

その人の可能性が花開く方法は、「フォトリーディング」かも知れないし、「マインドマップ R 」かも知れない、または「黄金の羽根」かも知れないし「キャリアカウンセリング」かも知れない。

そう思ったら、私はまだまだ他にもセミナーを作っていきたくて、今は「キャリアカウンセリング」も始めています。やりたいことが多すぎて、体が足りないのですよね。

フォトリーディングでは、すばらしい成果を出されている方がたくさんいるので、資格取得の方法など、何らかの形で世に伝えていきたいですね。


「『黄金の羽根』についてもお聞かせ願えますか?」

「黄金の羽根」は、私が今、この様に幸せに生きていられるようになれた根っこです。23歳まで自分が何のために生まれてきたのかよく分からなくて、ずっと模索していたんですね。

「何のために生まれてきたのかよく分からない。私は必要ないんじゃないか」と、ずっと思っていました。だから心臓病もしたんじゃないかと思うんですよね。

ですから自分の中に「私はなぜ生きているのか?」という、確固たる目的が欲しかったのです。これがないと辛いなと思っていた時、必要なのは「豊かな人生脚本」だと気付いたのです。

人生脚本をどういう風に書いているかによって、豊かな人生にも破壊的な人生にも、いかようにもなりますね。だから、その人生脚本を本当に自分の欲しい形に整理して書き直すという作業をしてもらうのが、この「黄金の羽根」なのです。


「迷いを抱えている方にメッセージをお願いします」

迷っているという状態が辛いということは、目的に近付いていることだと思うのです。この現状が嫌だと思うことは、それとは違う人生を得たいと思っているということだと私は考えるんですね。

つまり「これじゃない」と今の自分の現状に不満や悩みを感じてしまうのは、明らかに「そこでない」ということで、標的を段々狭めていくことで自分の本流・生きる道に出会えると思っているからです。

私自身が凄くストレスを溜めやすい性格で、その性格と自分が対話をしてきた経験しか言えないんですが「不安・不満をないがしろにしないで、ちゃんと対処しよう。カウンセリングへ行こう」と申し上げたいですね。

次の小さなステップに進むことによって、段々答えが分かっていく。そこにその人の1番輝けるスタイルがあるんじゃないかと思うのです。ですから、「今、近付いていっているんだよ。その途中なんだよ」と自分自身に言ってあげて、探求しつつも、答えが出ないときは時を待つことも大事だと思います。



<編集後記>

吉祥寺の山口先生のオフィスは、大きなグリーンが置かれ、
リゾート空間のようなリラックスできる雰囲気で満たされていました。
波動スピーカーから流れるBGMも心地良く、ついつい長居をしてしまいました。

山口先生は、背筋をピンと伸ばし、目をくりくりとさせながら、熱意を込めて
想いを語ってくださいました。

「太陽のような存在に、まず自分がなりたい」

限りなく広がっていく山口先生の温かさを、心の深いところで感じさせて
いただいた1日でした。



次回号「幸せになるために必要な『4つの視点』」→

←前回号「一人一人が自分の自由を見つけて、それを生きて行くこと」


インタビューTOP(目次)

-ご案内- 山口 佐貴子 先生 尽力舎 フォトリーディング


山口 佐貴子(やまぐち さきこ)  株式会社 尽力舎 代表取締役
    ラーニング・ストラテジー社公認 フォトリーディング・インストラクター
    トニー・ブザン公認 マインドマップ・インストラクター


■ 全ては、あなた自身の能力を発見するために ■

豊かな毎日、豊かな人生を送るために、知っておくといいことがあります。
それは、自分は何をしたいのか? どんな目標を持っているのか?
その目標を達成するために、必要なスキルやマインドは何なのか?
それを「知る」「できる」ための方法をご提供しています。


■コース・メニュー

  ●フォトリーディング集中講座
  ●フォトリーディングフォーキッズ講座
  ●マインドマップ講座
  ●黄金の羽根〜人生のヴィジョン発見〜


<山口佐貴子先生のHP>
山口佐貴子公式ホームページ


<山口佐貴子先生の著書>

cover
考える力がつくフォトリーディング



  *PhotoReadingおよびフォトリーディングは
   米国ラーニングストラテジーズ社の登録商標です。
  *マインドマップ(R)は英国Buzan Organisation Ltd.の登録商標です。
   日本国内では、一般社団法人ブザン教育協会がマインドマップの
   商標権を含む、知的財産権の利用を正式に認可された唯一の団体
   です。
   株式会社ALMACREATIONSはその事業運営をブザン教育協会より
   委託されています。






インタビュアー:カク タカユキ

カク タカユキ 若さと癒しの請負人

趣味:水泳・カラオケ(好きな楽曲)哀愁のカサブランカ・夜桜お七

国際シデスコ認定エステティシャン
日本エステティック協会正会員

HP:エステ&セラピー「サン・リバー」



インタビュアー:下平沙千代

下平沙千代    ワクワクセラピーで、好きなことを話しているうちに、希望が湧き上がり、
レイキでもっと元気になって、ショッピングや旅行にも行きたくなっちゃうような、
日本一やさしいワクワク介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、レイキヒーラー、導引養生功指導員、
ホームヘルパー2級、普通二種&大型一種免許取得
斉藤一人さんの全日本バンザイ連盟正会員
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』



インタビュアー:竹沢央保
竹沢央保
「思込解放カウンセラー」 または 「成幸の伝道師」
メールとスカイプを使ったカウンセリングをしています。
優しさと強さを兼ね備え、自分自身が幸せに生きることで、その波動で周りの
人も幸せにしていくという「上善は水の如し」的な生き方を目指しています。

趣味:音楽・映画鑑賞、ギター、読書、車、旅行
やってみたいこと:世界一周旅行
最近の興味:仏語、伊語、シャンソン・カンツォーネを歌うこと。
HP:メンタルサポートNow and then


インタビュアー:斎藤俊之
齋藤俊之
ミッション・ナビゲーター、問題解決セラピスト

スピリチュアルな視点も織り交ぜたミッション・ナビゲーターとして、
人生の使命を見つけるお手伝いをしております。
前世療法、インナーチャイルドなどの体験セミナーを
毎月開催しております。
HP:前世療法セラピー『ミッション・ナビ』
発行メルマガ:今日から楽しくなるセルフセラピー


インタビュアー:脇坂奈央子 (日本メンタルサービス研究所 所長)
脇坂奈央子
『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理セラピー★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント




運営管理





毎朝1分★天才のヒント



天才のヒント

Copyright (C) 2004 Japan Net Counseling Federation. All Rights Reserved.