恋愛相談 カウンセリング



おすすめメールマガジン
「こころの栄養@さぱりメント」
手軽にできるストレス解消法など、読むだけであなたのこころが元気になるメルマガです。

メールアドレス:

名前(ハンドルネームOK):





カウンセラーの探し方

カウンセラーを探す

メールマガジン

カウンセラーインタビュー集

カウンセラー登録

訪問販売法による表記

リンク集・相互リンク

お問い合わせ

■カウンセラーを探す
あなたの悩みを解消するカウンセラーを紹介します。

カウンセラー検索




さぱりメントへのリンク、バナーの使用はご自由にどうぞ




あなたのそばにいる「こころ達人の横顔」 インタビュー集


カウンセラーやセラピスト、セミナー講師など「こころの現場の最前線」で活躍されている方の横顔を紹介します。

 ・カウンセラーってどんな人なの?
 ・カウンセリングって、どうやって受けるの?
 ・私も将来カウンセラーになりたいのですが・・・
 ・・・などなど


「こころ達人の横顔」をインタビューしてきました。
あなたにとって、カウンセリングやセラピー、ヒーリングがもっと身近になれば幸いです。

- 松本 久美子 先生 カウンセリングハウス・コンシェルジュ順子 -

   「クライアントさんが先に進むためのお手伝い」

2009年 09月 12日


今回のインタビューは、「カウンセリングハウス・コンシェルジュ順子」室長の
松本 久美子(まつもと くみこ)先生です。

行列のできる人気カウンセラーとして、第一線で日々活躍なさるとともに、
日本インテグラル・カウンセリングスクールを立ち上げ、
「本物のカウンセラー」の育成にも尽力されていらっしゃいます。

「カウンセラーは、なりたいからと言ってなれる職業ではありません」と
おっしゃる先生から、「カウンセラーとしてのありかた」について、深いお話を伺いました。


社会に問題を感じた部分を、スクールで問いかけていく
インタビュー写真




「小さい頃はどんなお子さんでしたか?」

大人びた子でした。「大人と一緒に育てた」と親が言っているくらいですから。お坊さんと禅問答をするのが好きでした。哲学的なことに関心があり、今でも好きですね。

うちの母は、もう目が開かないうちから本を読んでくれていました。自ら本を開くような育てられ方をしました。うちの母は、一つテレビを見るとその人の気持ちを解説する人だったんですよ。ある意味、無意識の時代から心理学を身に付けているんですよね。

憧れの的の進学校に行きたかったので、小さい頃からコツコツと努力はしていました。努力の結果って自分に自信をつけます。その高校に合格して、その達成感がひとつの自信になっていると思います。

高校生の頃は、授業に出ないで3年間図書館にいた生徒でした。心理学の本は、本棚の上から下まで読みました。哲学書はソクラテスから、ヤスパース、実存主義も読みました。そういう流れの中で、「人間探求って、何ものぞ」と考えていました。


「大学では経済学に進まれた理由は?」

私の上の世代は学生運動の時代で、ヘルメットをかぶって「マルクス万歳!」でした。私達の時は、三無主義の時代になっていましたが、私の高校は学生運動が盛んだったこともあり、知りたくなったのです。とにかく好奇心旺盛でした。

マルクス経済学を詳しく学べるところが、東大か立教大でした。北海道から東京に出てみたかったのもあって、立教大学の経済学部に行きました。

でも、大学に入ったら勉強もしましたが、授業料が高かったので、1年の終わり頃から歌舞伎町のクラブで働いちゃったんですよね。四畳半に住んでいましたが、東京の生活が成り立っていかないのでアルバイトの雑誌を見て働こうと思ったのです。

歌舞伎町でホステスのアルバイトをしたら、結構向いてたんですね。とんとん拍子にbPになって…。それで、大学を卒業して、そのままそのお店に就職しました。大学で一年の頃から内定をもらっていたのは私だけですね。35歳まで続けました。


「辞めよう思われたきっかけは?」

バブルの狂気をまざまざと見ていますからね。1日50万円の給料とかね。どう考えてもおかしいでしょう? 冷静に判断することって重要ですよね。その頃、湾岸戦争が起こって、これはだめだと思いました。

それがひとつと、常に「自分の一生は、これでいいのだろうか?」って検証していました。結果は出ないんでしょうけれども。それで、別な道に進みたいと思って辞めました。


「今のお仕事に進まれたのは?」

5年ほど馬主秘書の仕事をしていたのですが、40歳になってその仕事を辞めて、すぐ歩いて行けるところに、カウンセラー養成の専門学校があったので半年行ってみたのがきっかけです。母親に内因性疾患があって、その対処の仕方が分からなかったので学ぼうと思ったのです。

半年だけやってみようかと思って、自宅のマンションを使って2005年1月に開業しました。高校時代に哲学をやっていたので、「やれるんじゃないか」と思って…。やりたいだけじゃ仕事っていうのは、成立しないですからね。


「『カウンセリングハウス Concierge順子』の順子というお名前は?」

源氏名です。学生時代からずっと使っているんです。『新宿の母』に付けてもらったんですよ。私は悩み事はなかったので、「源氏名付けてください」ってお願いして…。歌舞伎町で成功したので、これも成功するんじゃないかなと思いました。


「Concierge(コンシェルジュ)とされた意図は?」

コンシェルジュとは、ホテルのロビーにいる案内役です。フランス語専攻だったのでフランス語です。響きが綺麗と思ったのと、この言葉が流行るだろうと思ったので…。

その頃は、まだコンシェルジュは駅にもなかった頃なんですけれど、流行るだろうなと。勘です。『女性自身』でコンシェルジュ特集があったので出してもらいました。先取りです。


「相談室というニュアンスですか?」

道しるべも相談室も案内係も全部含めて、クライアントさんが先に進むためのものでありたいと思いました。案内してもらって、先に進むためのお手伝いですね。クッションとか、跳び箱の踏み台みたいな感じのイメージもあります。


「先生の所に来る方は、どのあたりを見て先生を選んでいらっしゃると思われますか?」

やはり自己開示がしっかりできているのがまず1つと、ホームページが結構、他と違うと思うんですよ。それで安心できるっていうところがあるのでしょうね。料金も安いんじゃないかと思います。


インタビュー写真




クライアントさんが先に進むためのお手伝い


「現在の先生の活動内容を教えていただけますか?」

カウンセリングルームと、日本インテグラル・カウンセリングスクールの2つです。
日本インテグラル・カウンセリング協会というNPO法人を作っています。


「スクールを作られたのはどういうきっかけですか?」

カウンセリングルームを通してしか社会に関与できなくなると、視野が狭くなって視野狭窄になっちゃう。仕事が多忙になると、社会に関与する部分がおろそかになってくるんですよね。

それで、カウンセラーから見た社会に問題を感じた部分を問いかけていくためにスクールを始めました。資本主義ってボランティアでも金銭が要りますから、NPOを経営しながら、生産しながら、社会に関与して、何が社会に必要かって、訴えねばならない部分の核としてスクールをやりました。

カウンセリングルームをやっていると、社会の問題点が見えてきます。

子育て一つにしても、オギャーと生まれて言語が生まれた時に、自我ができます。自我が芽生えて、一番最初のコミュニケーションの関わりは養育者で、そこの基盤となるところで人格形成されます。そこの部分がすごく重要だなと見えてきました。

では、どうあれば良いのかが分かってきます。そうすると自ずと動きますよね。疑問を感じたことを社会に訴えていこうと思っています。カウンセリングルームをやって臨床をやれば、自ずと外に出て行くと思いますよ。社会に問いかけていくためにスクールを始めた訳です。


「スクールの講座の内容を教えていただけますか?」

初級講座は、一般の方も楽しめる講座です。12時間で3万円です。ここは、自分を知るとか、コミュニケーションを取るとか、本当の自分を知りながら、感情を表現していくという部分の講座です。

感情→思考→言葉になるのですけれど、こうあるべきだとか、こうでなければいけないとか、感情を潰して生きると苦しいので、自己表現ができなくなる。自己主張ができなくなる。欲求も分からなくなるという現象が起きるので、それを表現させるという目的です。

だから、一般の方も、「ちょっと自分は苦しいぞ」という方も受けてもらうと、少しずつ自信が付いたりするようなプログラムになっています。

中級講座は、カウンセラー養成の講座です。心理学概論と心理療法と来談者中心療法です。その中で、カウンセリングに役立つ授業をしています。

来談者中心療法は、友田不二男先生のお弟子さんに来てもらって、きっちりと正しい来談者中心療法を伝えています。専門学校で習った反省点を全部活かしてプログラムして、カウンセリングに密接に結びついた内容を教えています。

知識はもちろん必要ですけれどカウンセリングに役立ちませんよね。カウンセリングとは日常の言葉で、人間の日常の生きる様なのです。そのところをきちんと教えようということで、中級講座でカウンセラー資格を出すところをやります。


「上級講座はどういう内容ですか?」

上級講座は、死生学とアビダルマ心理学〜スピリチュアル・カウンセリング講座、そして傾聴カウンセラー養成講座(未開講)の三つです。

死の講座です。カウンセラーは考えることが必要なので、哲学が必要です。20世紀最後の哲学が、ジェンダーフリーならば、21世紀最初の哲学が死生学だと、私は思います。日本で哲学は根付かないんですけれど、生きるにあたって大事なものだと思っています。

元々心理療法は実存主義哲学から流れたものが多い、そこの基礎となる哲学の部分ですね。死ぬってことを考えた時、どう生きたいかが湧いてくる。今、現状に自殺者が多いので、有限なるものを捉えたかった。

グリーフワークは死生学でやった方が良いので、悲嘆療法も入っています。死生学の大学院を出た講師もいて、かなり濃密な上級講座をやっています。

アビダルマ心理学〜スピリチュアル・カウンセリング講座は、カウンセラーになる時、「世界で一番のカウンセラーはブッダとキリスト」と習いました。そうしたらブッダを追求しますよね。ブッダの考察は苦悩からの解放です。無我の境地には絶対なれないんですが、理論的には素晴らしい。

二千五〜六百年前に、「確実にこうなれれば苦悩から解放される」と説いたのが、現代心理学と一緒。マズローもウィルバーもブッダも人間の成長理論を説く時、至る所みんな一緒です。その中でアビダルマ心理学、哲学的なものを入れながら上級講座を作りました。

あとは、オプション講座と実学講座です。実学講座の方は、発達心理学からの子育てをやります。


「先生が今、色々な活動をされている中で特に大切にされていることは?」

ニュートラルな姿勢って必要です。同情と共感とは違うので、やっぱり仕事だから、ニュートラルな姿勢でルームに入るようにしています。客観性を持ってフラットな気持ちでルームに入ります。自分の精神状態をフラットにしていくことです。


「今、悩んでいるという方に何かメッセージがありましたらお願いします」

「生き抜いてください」ってことを言いたいですね。
カウンセリングに来られた時に、言わないですけれど「支えているから自分の力で生き抜きなさい」ってことは感じますね。

生きるって、だって自分のものでしょう?
「自分の生きる力を信じなさい」って。
言葉では伝えないですけれど、そう思っています。

とにかく悩みって正面から受け止めなきゃならないものだし、逃げたって追いかけられるだけで消えないので、生き抜いて解決していくしかないのです。誰しも悩んで生き抜くしかない。

人間はそこの結果しか出てこないんで。だから「一緒に考えながら生き抜こう」ってことですよね。


「ご自分の生き方を言葉で表現するとどんな感じでしょうか?」

唯我独尊・・・天上天下唯我独尊。


「歌舞伎町時代の経験で、今のお仕事に役に立っていることはおありですか?」

大勢の人に会って、何して欲しいのかな、何考えているのかなっていうのを先に読んであげる、人間理解する仕事ですから、それが身に付いて、統計学は取れているんじゃないでしょうか。

ジャンルは違いますけれど、やっぱりカウンセリングにも通じるところがありますね。言われる前にやるので、相手の望みを察する能力が高かったのでしょうね。
ただ、役に立っているのは、ほんの一部ですけれどね。


「今後は社会にどんな発信をしていきたいですか?」

やっぱり「子どもの育て方」です。例えば、身近にいる既婚の男性に「一つの家庭に母親が二人いてどうしたいんだ?」って質問したりします。要するに父性と母性ですよね。

色々な説があるんですけれど母性って本能と言われる。父性は子どもに後天的に与える価値観だとかスーパーエゴの部分、倫理観とか道徳観を植え付けるものです。「アイデンティティ・クライシスの時代」「価値観なき時代」ってなぜ言われるか? 「父性なき時代」ではあります。

人間の中に両方、母親が父性も母性も持っている。父親も両方持っている。だけど子育てを考えた時に、子育ては女性のものって決まったことではないんですけれどやっぱり「女性の労働」っていうことがクローズアップされがちです。

女性だって労働する権利があるし職業を持つ権利があるんですけれど、そこを男性のフォローができているかとか、同じ立場で苦労ができているのかっていうことです。社会的なフォローの仕方、例えば、企業で保育所を待っているとか、できているところは少ないです。

私、立教大学でジェンダーフリーの活動もやっているんですけれど、やっぱり女性が産んで育てるってことが多いですよね。会社に保育所あったら一番便利ですね。

NPOの活動などで、そういう提言をしていきたいですね。自分に囚われ過ぎている現代人が、銘々考えなければいけないところを考えるように…。仕事をしていく中で自分の中から出てくるものを投げかけていきたいです。


「読者の方へのメッセージはおありですか?」

スクールにどんどん学びに来てください。中身の濃い授業をやっていますから、どうぞ興味を持たれた方はいらして一緒に活動しましょう。


「どんな方にスクールに来て欲しいというのはありますか?」

悩みのない人間はいないとは思いますが、自分に悩みがある方でもいいし、そうでない方でも来て欲しいです。

悩みがあってすっきりしたい方も、学びに来る人も、それはそれで使い方です。個人個人、自分のためにスクールを上手く使って欲しいと思います。

人間にとって学びって大事だと思うのです。常に学んで検証していくことが大事ですね。検証して、それを自分がどう捉えるか、自分がどう解釈するか。それが、ものすごく自分の血となり肉となり、自分の実りだと思うんですよね。

人ってやっぱり対人を通して自分を作り上げていくので、その一環としてスクールを利用して欲しいなと思います。




<編集後記>

松本久美子先生のシンプルなカウンセリングルームは、親戚宅を訪ねるような
身近な存在に会いに行く心地よさがありました。

さっぱりした性格の先生は、もう一度会いたいと思わせる魅力に溢れていました。
飾らない口調とパワフルな生き方、そして、謙虚に聞く姿勢・・・。
多くのファンが集まる所以を感じました。

「カウンセラーは、なりたいからと言ってなれる職業ではありません」

「言葉が言霊にならないと伝わらない」

先生の「生き抜いてください」の言霊が伝わり、「生き抜こうね!」が合言葉になりました。



次回号「夫婦問題は時間との戦い。早めに対処を!」→

←前回号「自分が生きている意味が、表現によって確かめられる」


インタビューTOP(目次)

-ご案内- 松本 久美子 先生 カウンセリングハウス・コンシェルジュ順子


松本 久美子(まつもと くみこ)  「コンシェルジュ順子」室長

  日本代替医療協会心療カウンセラー
  開業セミナー講師
  NPO法人 日本インテグラル・カウンセリング協会 理事長
  日本インテグラル・カウンセリングスクール 理事長

●カウンセリングハウス Concierge順子

Concierge順子は、こころの救急車です。

私は「貴方の大切な人生の心の相談室でありたい。」

そう願いを込めて「Concierge」(フランス語でコンシェルジュ)
そして、19歳から35歳までのセカンドネーム順子から
「Concierge順子」というカウンセリングルームを始める事にしました。
是非、貴方が貴方らしく生きる事の心理カウンセリングの
お手伝いを させて下さい。

ようこそConcierge 順子へ。
カウンセリングルーム・・・東京・新宿区(神楽坂)


■スクールコース・メニュー

    ●初級講座
    ●中級講座
    ●上級講座
    ●実学講座
    ●オプション講座
    ●開業セミナー講座


<松本久美子先生のHP>

【カウンセリングハウス Concierge順子】

<日本インテグラル・カウンセリングスクールのHP>

【日本インテグラル・カウンセリングスクール】




インタビュアー:下平沙千代
下平沙千代
ワクワクセラピーで、好きなことを話しているうちに、希望が湧き上がり、
レイキでもっと元気になって、ショッピングや旅行にも行きたくなっちゃうような、
日本一やさしいワクワク介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、レイキヒーラー、導引養生功指導員、
ホームヘルパー2級、普通二種&大型一種免許取得
斉藤一人さんの全日本バンザイ連盟正会員
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』



インタビュアー:竹沢央保
竹沢央保
「思込解放カウンセラー」 または 「成幸の伝道師」
メールとスカイプを使ったカウンセリングをしています。
優しさと強さを兼ね備え、自分自身が幸せに生きることで、その波動で周りの
人も幸せにしていくという「上善は水の如し」的な生き方を目指しています。

趣味:音楽・映画鑑賞、ギター、読書、車、旅行
やってみたいこと:世界一周旅行
最近の興味:仏語、伊語、シャンソン・カンツォーネを歌うこと。
HP:メンタルサポートNow and then


インタビュアー:脇坂奈央子 (日本メンタルサービス研究所 所長)
脇坂奈央子
『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント




運営管理





毎朝1分★天才のヒント



天才のヒント

Copyright (C) 2004 Japan Net Counseling Federation. All Rights Reserved.