恋愛相談 カウンセリング



おすすめメールマガジン
「こころの栄養@さぱりメント」
手軽にできるストレス解消法など、読むだけであなたのこころが元気になるメルマガです。

メールアドレス:

名前(ハンドルネームOK):





カウンセラーの探し方

カウンセラーを探す

メールマガジン

カウンセラーインタビュー集

カウンセラー登録

訪問販売法による表記

リンク集・相互リンク

お問い合わせ

■カウンセラーを探す
あなたの悩みを解消するカウンセラーを紹介します。

カウンセラー検索




さぱりメントへのリンク、バナーの使用はご自由にどうぞ




あなたのそばにいる「こころ達人の横顔」 インタビュー集


カウンセラーやセラピスト、セミナー講師など「こころの現場の最前線」で活躍されている方の横顔を紹介します。

 ・カウンセラーってどんな人なの?
 ・カウンセリングって、どうやって受けるの?
 ・私も将来カウンセラーになりたいのですが・・・
 ・・・などなど


「こころ達人の横顔」をインタビューしてきました。
あなたにとって、カウンセリングやセラピー、ヒーリングがもっと身近になれば幸いです。

- 岡野 あつこ 先生 夫婦問題研究家 -

   「夫婦問題は時間との戦い。早めに対処を!」

2009年 10月 10日


今回のインタビューは、夫婦問題研究家の岡野 あつこ(おかの あつこ)
先生です。

個人カウンセリングとともに「実践離婚カウンセラー養成講座」で大活躍の
先生は、NPO法人日本家族問題相談連盟理事長でもいらっしゃいます。

20年にわたり2万件以上の夫婦問題を解決してきた先生から、
「離婚・修復カウンセリング」の特殊性とやりがい、今後の展望について
お話を伺いました。


私のように、離婚で悔しい思いをして欲しくない
インタビュー写真




「まずは、日本の離婚の現状を教えていただけますか?」

バブルが弾ける2002年位迄ずっと離婚件数はうなぎのぼりに多かったのですが、2004年の年金分割を懸念してなのか、2002年をピークに、実は離婚件数は下がっています。2004年の年金分割法案が通って施行された2007年に半年程少し上がって、その後横ばいを維持しています。

経済状況がこれだけ悪い今、離婚することが本当に幸せになるとは限らないという状況をふまえると、離婚を勧めるカウンセラーは結構少ないと思うので、そういう意味では離婚は減っていくと予測はされています。

ただ、若年と熟年に関しては増えてしまうところはあります。若年の場合は結婚という選択が間違っていたのなら、子供の生まれる前に早く軌道修正した方が良いと考えるからだし、熟年はもうこれ以上頑張ってみてもしようがないと考えるからです。


「今の日本の離婚率は?」

日本の離婚率は33%以上だったものがそれ以下になってきています。韓国や中国の方がよほど高くて、世界でも低い方になってきています。イタリア、フランスでは事実婚の方が多いので、まず離婚がないのです。欧米諸国も少ないのですが、日本も減ってきているところです。

経済状況の影響が大きいとは思いますが、これまでは一時の感情で離婚してしまったケースが多かったのですが、今は自分の気持ちに正直になって考えをもう一度見直す時代になってきているので、少し減っているのかなと思います。


「離婚カウンセラーの必要性は高まっているのですか?」

実は、離婚の相談件数は増えています。自分の心の中で解決したり、身内に相談してやってきたことを、今は専門家に相談するという時代になってきたのです。

なぜなら自分が離婚に直面した時に、それを乗り越える活動「離活」が流行ってきているのですが、色々な選択があるというところに皆さんが、徐々に気がついてきているからだと思います。

「離婚しなくても」と説得すれば分かる方は多数いらっしゃるし、なんとか修復したいという相談者も多いので、お互いの行き違いを解いてあげるとやり直せるケースも多々あります。


「今のお仕事に至る経緯は?」

埼玉生まれなのですが、文通相手に誘われて京都の大学に進学し、仕送りの4倍の20万円をアルバイトで稼ぐ大学生活でした。そのため単位が足りず、4年で卒業するのはとても厳しい状況でしたが何とかやり抜きました。諦めない精神はその時に培われたのかも知れません。

卒業後は、人に接するのが好きで営業が得意でしたから、色々な業種の営業職をやりました。

28歳の結婚適齢期になった時に、一人っ子だし、埼玉県に帰らなきゃと思いました。それで小学校の先生の免許を通信で取り、京都で知り合った5歳年下の彼を連れて埼玉に戻り、結婚しました。

代用教員を一年間やった後、家庭に入って5年目に男の子を授かり、夫が不動産屋だったので家も建ててくれて幸せの絶頂でした。

ところが夫の浮気が分かったのです。一年間色々なことをしましたが浮気を認めず、私もその時には知識がなくて、探偵依頼に100万円かかると電話で言われて、「そんなに出せないと」探偵もつけられませんでした。

今も「100万出せない」って皆さん言うけれど、実は100万出したとしてもしっかりした証拠さえとれれば、100万以上のお金は慰謝料として取れるのです。その時は、自分としてはやり直したいから自分で探偵をして隠れて写真を撮ったのですが、それでは証拠にはなりませんでした。

離婚した時、相手が浮気をしているにもかかわらず慰謝料はゼロ、結婚してから二人で築いた財産も隠されてゼロ。そして養育費も思うようにはもらえなかったので、あまりにも不利益な離婚を強いられて大変悔しい思いをしました。

昔から変な正義感があって、私にはもう済んだことでも、後々私のような人ができては困るとか、不利益を被ったらかわいそうだと思ったのです。私の場合は失敗だったけれど、そうならないために離婚相談をして、取るべきものは取れるようにしてあげたいというのが始まりです。


「離婚当時は、失敗と分からなかったのですか?」

調停の時から分かっていました。「浮気してないから慰謝料は払えない」と言い張って、わざとボロボロの車や服で来て「お金がない」と言って、帰ると会社名義のベンツに乗っていて…。財産は隠されて、貯金通帳も何も持ってきていなくて…という離婚でした。

今、法律をかざして、慰謝料と財産半分がもらえると言っている人がいるけれど、隠されたらもらえないし、慰謝料も本当にはっきりとした証拠がないともらえないのが現実です。

皆さん、机上の空論で本に書いてあること、弁護士さんから聞いたことしか頭にないけれど、私は現実に起こった事実を経験談として一つだけだったものを、19年カウンセリングをやっている間に色々な方の相談を自分の事のようにして乗り越えてきたわけですよ。

それが私の中に蓄積されたノウハウでした。
事例ができてきたのでお金がもらえるし、それが売れる。要はカウンセリング能力というより、私の体験やノウハウを売ることをしてきているのです。


インタビュー写真




夫婦問題は時間との戦い。早めに対処を!


「離婚された後にネットワークを作られましたね?」

バツイチのネットワークですね。自分が離婚した時にまだ36歳だったので、もっと良い男性を見つけて再婚したいなと色々調べてみたら、その当時それがなかったのです。それならばと、自分の為のネットワークを作ったんです。

ところが色々とお世話をしてくると男女の出会いってすごく大変で、放っておくと勝手に付き合ってもっと傷ついてしまったり、せっかく集めた会員が減ってしまうので、会員を守り続けようとうるさく言ってきました。

今でこそ女性に人気で「あそこに行けば安心」「岡野さんが仕切ってくれるから心配要らない」とグレードの高い方がみえます。その代わり、1回のパーティーに男女平等に11000円の会費をいただいています。

「岡野さんに会いたい」と来る方や男女ともしっかりとした方が多いです。女性は1000円だ、無料だという安い会がある中で、それだけきちんとした出会いを提供している会です。今でもそれはライフワークだと思ってやっています。


「離婚カウンセリングの特殊性というのはありますか?」

カウンセリング業界って言ったら広いんだけれど、この世の中の離婚に悩む人たちのこの業界、離婚って本当に特殊で、時間が限られているわけですよ。

私は普通の心理カウンセラーもサイコセラピストの先生とかお医者さんとかとコラボしているんですけれど、そういうところはその人の病気のことだけを考える、その人の気持ちだけを考える。

でも、その間に相手が愛人作って子供生んじゃってとか、相手がもう家を出て行っちゃって、ということが起きるので、実は相手がいるからカウンセリングが特殊なんです。

カウンセリングというより戦略を立てなきゃいけない。それこそコーチングとかコンサルタント系のお仕事に近い。でも、あえて「離婚カウンセラー」って名前にしたのは、「離婚コンサルタント」って言ったら離婚させちゃう、離婚を推進するって思われがちなので…。

「離婚カウンセラー」って言うと、「離婚させちゃうんじゃないの?」って思われがちですが、実は修復が多いですね。


「先生がされている離婚カウンセリングの特長は?」

まずお客様が「離婚したいんです」とか「修復したいんです」とか「どうしていいか分からないです」って門を叩いて来ます。それを、ほとんどのカウンセラーはそのまま聞いちゃうんです。「離婚したいんです」って聞くと「この人離婚したいんだ」かわいそうにって。

お客様は不幸になりたくて来ていないんですよ。今より幸せになりたくて、今苦しくて苦しくて、辛くて、それを少しでも良くなりたいという気持ちで来るという風に、歓迎しないといけないんです。

だから、お客様の「離婚したい」「修復したい」を真に受けないで、お客様が幸せになりたいんだという意識に頭の中で変換して、どうやったら幸せになるかってことを考えてあげるのが離婚カウンセリングですし、うちの目指すカウンセリングです。


「離婚したいというクライアントさんであっても?」

その人が離婚したくても経済的に食べられない、辛くて苦しくて一人で生きられない、子供が負担になっちゃう、そして幸せになれないんだったら修復を促します。

実は、お客様がこうしたいという言葉にカウンセラーが振り回されてしまうことがすごく多いのです。離婚カウンセリングにおいて「離婚したい」と言われたら、どうしてもすぐさまそっちに行ってしまう。軸がぶれてしまうんです。

だから、人の幸せを徹底的に考える、おせっかいじゃないと出来ないし、自分が不幸じゃ出来ないし、疲れていたら出来ないし、ものすごくエネルギーがいるんですよ。


「先生がカウンセリングをする上で一番大切にしていることは何ですか?」

お客様の幸せです。本当に人の幸せを願うと自分にも返ってくると思っています。私は結構、恩着せがましい女なのね。昔から「岡野さんのおかげ」って言われるのが大好きで、今55歳だけど本当に40代くらいまで押し付けてきたと思うんですよ。

今はそこまでは押し付けないんだけど、でも「おかげ」って言われるのがうれしくてやっているの。「若いね」「きれいだね」って言われることよりも「岡野さんのおかげでこうなりました」って言われるのが、すごくうれしいです。

だから幸せになりたくて来ている以上、私はやっぱり幸せの提案を私の今までの経験で出来たことからしてあげたい。昔からアイデアが結構、跳んでいた方なんです。だから、色々な提案をします。「そんな考えもあったんですか?」ってよく言われます。

アイデアが斬新なことには自信があるんです。発想がすごくストレートなんです。「やってみればいいじゃない」そういうところから行くので、「目からうろこ」って言われます。

そういう提案が出来るから、ここまで来たのかなと思います。今まで、カウンセラーのところに行っても同じだったって言う人が「全然違う」「え〜?」ってことを提案するわけですよ。


「それはどんな提案なのですか?」

例えば、「夫の存在が辛くて苦しい」と言われたら、対処するチームをつくるんです。よく岡野劇場と言われるんですが、応援してもらいたい人にまず、自分がなって、たとえば、修復だったら、修復のために自分や状況をサポートしてくれる人を自らつくってゆくんです。

自分の中のおままごとなんだけれど、夫が帰ってきた時にそれを楽しめる、申し訳ないなって思える。夫に対しての恨みつらみやものの考え方を変えていくっていうところを提案しています。出来ないっていう人もいますよ。「でも、そういう考えってあるんですね〜」となるわけ。

私は、やれとは言わない。「私はこうやったよ。そして、こう思ったよ」って体験談を言うわけです。そうすると出来なくても、お客様は「そういう考えもあるんですね、気が楽になりました」となるわけです。

ずっと我慢している時は大きな声を出すと良いので「王様の耳はロバの耳」の如く、布団をかぶって声を出してもらいます。「私のダンナ、大嫌い」とか、体感的にそういう風に言って発散するよう、実際に実技的なことをやらせますね。

思い切って声を出した後はすっきりして、また、言った自分もこんなこと言っちゃいけないなと思うし、言ったことによって「もうこれでおしまいにしよう」とか、自分の中でけじめが付くんです。


「難しいケースもありますか?」

修復って本当に難しいんです。幾ら私が神の手で修復させる能力があると言っても、がんと同じで末期症状なのを、本人の生きる気力や修復の努力なしに「岡野先生は修復のプロだって言うからお任せします」では出来ないじゃない。

そこのところは、本人をいかに諦めさせないでやる気にさせるかです。だけど本人がいかにやる気になったって、やる気が空回りだったらいけませんよね。相手が受け入れてくれなきゃいけないから、受け入れてくれるためには今までとは違った自分を出すとか、今まで悪かったところは直す。

そして、ただ直しただけじゃなくてプレゼンする。「こんなに良くなったのよ」って見せなかったら、ずっと誤解されたままになってしまいます。そこを色々な形で見せるんです。

それはもうお芝居と一緒で、観客を感動させて受け入れてもらうっていうことをさせるんです。そのためには主役が一人だったら感動はさせられないから脇役を固めるのです。そういうことをやるから、私のカウンセリングって単なるカウンセリングじゃないですよね。

例えば、ご主人のお母様と関係が良くなかったら、もう一度その関係を築くことをしたり、子供との関係を見たり、全体の中での関係を見たり、という感じです。それを通して、その人が最大限幸せになれる可能性の情景が浮かんでくるんですね。


「離婚すべきなのか、修復に努力すべきなのか、そこの判断が付かないという方へのアドバイスはありますか?」

それは、自分がどっちが幸せになるかって言うことなので、今以上に幸せになるためには、どうしたらいいかと考えることです。夫のことを恨んでいたって幸せにはなれないわけだから…。

ただ、そういうのって自分の中に入っていると分からないから、その人の今の状態が幸せじゃないんだってことを分かってくれるような人と、一緒に見ないと難しいですよね。


「自分自身で分かることは難しいのですか?」

難しいんです。それから、例えば親とかは本当の幸せっていうより、子供が言ったことだけを表面的に判断して感情的になってしまうから、難しいんです。

だから、専門家でなくても、冷静にその人の幸せを考えられるなら近所のおじさんでもいいんですよ。感情的になって自分の立場で「私だったら、そんなことしない」ってなっちゃう人が多いので、「感情的にならず冷静に判断が出来て、その人の幸せを考えられる人」に相談することが大事です。

ありがたいことに今この時代は、修復するにしても離婚するにしても、心の持ちようでどっちをとっても幸せになれるんですよ。その人が「私は経済的に大変だけど何をやっても働くわ」とか、そういう心の持ちようさえあれば幸せになれるんですよ。だから、実は失敗は無いんです。


「今後の展望や夢についてお願いします」

世の中に、お客様の幸せを考えられるカウンセラーが増えていって欲しいと思っています。お客様の幸せってね、簡単な様で結構難しいんですよ。ここに1年かけて作った理念が書いてあります。「私たちは、お客様の人生の幸せのために、高品質なカウンセリングを提供し続けます」。

お客様の言っていることをなんとかしてあげようとか、それが幸せだと思い込んじゃうとか…。なかなかお客様の人生の幸せって考えられないんですよ。本当は色々な考え方をしてあげないといけないのです。


「今、夫婦問題で悩んでいる方へのメッセージを頂戴したいのですが?」

人生は時間との戦い、特に夫婦問題は時間との戦いです。相手との意志の疎通が出来ていないことがあるので、それには早く対処した方がいい。私はやっぱり、早期発見、早期治療じゃないけれど、早めに対処する方が良いと思います。早めにありとあらゆる手を打つ。

自分一人で出来るんだったらいいけれど、経験の無いことを独学でやるよりはプロのカウンセラーに相談に乗ってもらうことです。勿論、自分の考えも有りですが、その道のプロ、経験を駆使した人に相談した方が解決への早道です。

今までは離婚が少なかったために、相談できる経験者がいなかった。今は、こうやって離婚して失敗だったって言える人がいる時代です。それは専門機関でもいいし経験者でもいいし、そういう人達の意見を聞けばいいんじゃないかなと思います。




<編集後記>

岡野あつこ先生は、キラキラした輝きと温かさに満ちた
パワフルで頼もしい、かつ、とてもチャーミングな女性でした。

ご自身のお辛い経験を、ひたすら明るく前向きに語ってくださいました。

 「お客様の幸せを徹底的に考える」

 「カウンセラーの軸がブレないこと」

『神の手』と評される先生のカウンセリングの、神髄を垣間見たように
感じました。



次回号「『出逢いの法則』で、運命のパートナーと出逢う!」→

←前回号「クライアントさんが先に進むためのお手伝い」


インタビューTOP(目次)

-ご案内- 岡野 あつこ 先生 夫婦問題研究家


岡野あつこ(おかの あつこ)  夫婦問題研究家
                  NPO法人日本家族問題相談連盟理事長

■ 実践離婚カウンセラー養成講座

20年にわたり2万件以上の夫婦問題を解決してきた
岡野あつこのカウンセリング・ノウハウを学べる唯一のスクールです。

豊富な実例から築き上げたカウンセリング・ノウハウには、
弁護士・サイコセラピスト・精神科医・社会保険労務士・探偵社との連携も含まれます。
離婚件数が年間25万件を超え、2分に1組の割合で離婚が成立している今、相談者の気持ちに寄り添い、心の傷を癒す本物のスペシャリストを
目指してみませんか?

通学コース第10期東京校は11月開講予定。
無料説明会を下記の日程で行います。
9月26日・10月3日・9日・17日・22日・31日
フリーダイヤル0120-49-4122やホームページからお申込ください。

※その他、DVD通学スクール(全国)、通信スクールを
 ご用意しております。
※離婚カウンセラーは夫婦問題解決のスペシャリストです。
 法律問題に応じることはできません。


<実践離婚カウンセラー養成講座のHP>

【実践離婚カウンセラー養成講座】

<岡野あつこ先生のHP>

【岡野あつこの修復相談、離婚相談】




インタビュアー:下平沙千代
下平沙千代
ワクワクセラピーで、好きなことを話しているうちに、希望が湧き上がり、
レイキでもっと元気になって、ショッピングや旅行にも行きたくなっちゃうような、
日本一やさしいワクワク介護タクシー開業準備中です。賛助会員募集中!

ワクワクセラピー ソーストレーナー、レイキヒーラー、導引養生功指導員、
ホームヘルパー2級、普通二種&大型一種免許取得
斉藤一人さんの全日本バンザイ連盟正会員
ブログ:『幸せを運ぶワクワクセラピー ソース』



インタビュアー:竹沢央保
竹沢央保
「思込解放カウンセラー」 または 「成幸の伝道師」
メールとスカイプを使ったカウンセリングをしています。
優しさと強さを兼ね備え、自分自身が幸せに生きることで、その波動で周りの
人も幸せにしていくという「上善は水の如し」的な生き方を目指しています。

趣味:音楽・映画鑑賞、ギター、読書、車、旅行
やってみたいこと:世界一周旅行
最近の興味:仏語、伊語、シャンソン・カンツォーネを歌うこと。
HP:メンタルサポートNow and then


インタビュアー:小野裕美子
小野裕美子
 
  『 Happy コンシェルジュ 』

あなたを、そして、あなたの大切な方を Happy! に します。


ブログ: ただいま、準備中!


インタビュアー:脇坂奈央子 (日本メンタルサービス研究所 所長)
脇坂奈央子
『道開きの心理士』 ……本来のあなたの道を開く、お手伝いをします。
ブライアン・ワイス博士直伝の、プロフェッショナル・ヒプノセラピスト。
前世療法・催眠療法を中心に、ニーズに応じた各種心理セラピーを施療。

心理士、認定THP心理相談員、統合心理セラピスト、心理カウンセラー、
米国NGH認定ヒプノセラピスト、認定キャリアコンサルタント、
代替療法セラピスト(レイキティーチャー)
HP:ワイス博士直伝の前世療法・催眠療法・心理療法★ラポール
発行メルマガ:こころの栄養@さぱりメント




運営管理





毎朝1分★天才のヒント



天才のヒント

Copyright (C) 2004 Japan Net Counseling Federation. All Rights Reserved.